論破王ひろゆきの名言Q&A

アニメ業界の未来について
ひろゆきアンサー
当たるも八卦当たらぬも八卦がかなり悪化する気がしますけどね。今でも儲かっているアニメがあると思うんですけど儲かっていないアニメってすげーいっぱいあるわけじゃないですか。でたぶん儲かってないアニメの割合がどんどん増えていくと思うんですよね。結局今ってオタクと言われる人たちが好きなものって大分一般化されたじゃないですか、例えばゲームだったりアニメだったり、まあ割とネットも昔はそう言われていたんですよ。 例えば今ではパソコンに向かって人が何か作業して何か見て笑ってるっていうのは全然違和感ないんですけど、昔パソコンに向かって笑ってるっていうこと自体が気持ち悪いっていう感覚があったんですよ。テレビ見て芸人さんがなんか面白いこと言って笑うのは皆気にしないんですけど、パソコンに向かって笑うなんて気持ち悪いみたいな結構考える人がいて、で割とそういう感じでそのオタクコンテンツと言われるものたちっていうのに入っていたわけですよ、インターネットも。 でまぁアニメとかゲームもそうですけど結局今の時代ってお金稼いでる人のオタク率めっちゃ高いんですよね。オタクってある程度リアルが充実してない人を・・・ちょっとざっくりとした定義でしゃべりますよ。リアルが充実してない人がオタクって言いがちなんですけど、そうすると籠もって時間をかける趣味と籠もって時間をかけて楽しめる世界観のものが割と好きだったりするんですよ。例えばアニメとかって現実じゃない世界のアニメとかって結構多いじゃないですか。でも日本のテレビドラマって現実の延長線でまぁ普通に人間の俳優さんが演技して恋愛してとかなんですけど、アニメとかだとエルフとかドワーフとか出てきたりロボットとかがしゃべったりとか、なんか奇怪な生き物とかが喋ったりとかっていう非現実的なものが多いんですよ。なので割と時間を没頭して別の世界に生きたがるっていうオタク的な人たちの受けるものっていうのが昔は現実が楽しいって人たちから敬遠されたんですけど、現実が楽しいって人たちよりも割とそういうその形而上学的な非現実的なものが楽しいという人の方が収入が多くなる時代がきちゃったせいで、割とオタクコンテンツ超儲かるっていうのが起きちゃってるんですよね。でその結果クールジャパンだなんだみたいな話になってそのオタクコンテンツにどんどんお金が行くようになって。でアニメに投資する会社とかっていうのがどんどん増えてきてるんですけど。 ただそのおかげで投資していろんなアニメが作られるんですけど、多くの人が見るものって1クールでそんなに多くないんですよ。今季だったらポプテピピックを見るみたいに決めるとポプテピピック以外を見なくなっちゃうんですよ。人は時間が限られてるから。なので他のアニメは死滅っていう形になっちゃうんで毎期毎期死ぬアニメっていうものの量が増えるんじゃないかなって思います。
タグ