論破王ひろゆきの名言Q&A

2020年以降の日本はどうなっていますか?
ひろゆきアンサー
多くの人がその先うまくいかないよねって言っているよねってところはそうなんですけど、まず建築系の需要が完全に止まって、マンションとかっていう建築ももう完全に止まり、不動産価格も下がってくんですよね。要は人が減ってくし不動産って個人が買ってずっと住むのは別にして企業が利回りで買うんですよ。例えば1億円のマンションを買ってそれが1年間貸してたら家賃で1000万円入りますっていったら利回り10%じゃないですか。超おいしいと。でそれがだんだん下がって1億円のマンションで買ったんだけど年間100万円しか利益が入らないよねーってなるとそれって買っても損じゃね定期預金の方が得じゃねってなると誰も買わなくなるんですよ。そうすると安売りが始まるんですよ。で安売りが始まると地価が、自分の家の値段っていうのが例えば1億円で買ってて8000万円で売りました。となると住んでる俺はこれって8000万円の価値しかないんだっていうことがわかり、そうするとここで8000万円の価値しかないんだよねってことで銀行の担保の金額も変わり、1億円だと思ってたけど1億円ないよね2000万円足りないよね。じゃあこれも売ってなんとか現金化しないともっと下がってくよね。でどんどん価格が下がっている時って、隣で1億円で買ったのが8000万円になりました。で8000万円になったっていうことは次は7000万円になるかもしれないから今売った方がいいよねっていうので次の人は7800万円で売ったりするんです。で7800万円で売れるから、あっこれってもっと下がるからもっと売らなきゃって言うので割と東京でそれなりに高く売れているところの価格がどんどん下がっていくっていう現象が始まると思ってます。 働き方改革とか正社員が会社に足を運んで働くというものの割合がどんどん減って行く気がするので、そうすると東京の地価の高いところに無理して住む必要がなくなってきちゃうので、どんどん家賃が安くなり不動産の価格が下がり。てことは不動産を買うと損するから買わない方ががいいよねっていうので不動産市場がどーんってさがるっていうので起きたのが90年代に起きたバブルという経済的な事件がありましてあれが起きるんじゃないかなというふうに僕は思っています。規模がどれくらいかによりますけどね。
タグ