論破王ひろゆきの名言Q&A

バーチャルYouTuberは幻想の極み
ひろゆきアンサー
中に声優が入っている人たち何人かいるじゃないですか。おっさんがそのままバーチャルYouTuberやってる特例は除き、あの声優の人たちが何かしらでこの人ですってわかっちゃってその人に恋人ができたときにバーチャルYouTuberの価値がどうなるのかっていうところに僕興味があります。 声優ファンって結構いたじゃないですか。このアニメのこのキャラクターが好きでこの声優が好きみたいな。でも声優が彼氏ができたりすると超揉めるみたいな、要はこのアニメが好きだからこの声やってる人が好きっていうのでだんだんその自分の執着っていうのがアニメキャラから声優に移ってっていうのがあると思うんですけど。バーチャルYouTuberの場合にそのバーチャルYouTuberの声が好きこの声優誰なんだろうっていう形で声優に執着が移るのか声優が別に超絶ビッチでも別に知ったこっちゃないっすみたいな俺キズナアイ超好きすってなるのか、っていうのをちょっと知りたいんですよ。あとのじゃロリおじさんが本当は女だったらどうなるかだよね。そこは面白いよね。 どうバレる?時間の問題だと思うんだよね。世の中バレたくないことでも群衆さんがおっかけるわけじゃないですか。今ではまだバーチャルYouTuberはそんな有名じゃないけど、あれがどんどん規模が大きくなってったらそれなりのメディアが追っかけて、本当はこの人が声やってるんですよっていうのが出るのは時間の問題だし、あと身内でバラす人も出てくると思うんだよね。実はあれこの子がやってんだよとかって自慢げに言いたがる人出てくるじゃん。あとよくある話が企業がやってると利益配分の問題で、声は私なんだからもっと金くれよみたいなので本当は私がやってましたみたいに出ちゃうみたいな。時間の問題でなんか出てくると思うんだよね。 その時に人はキズナアイというバーチャルな存在自体に愛情を感じていたのか、その声を出している声優の人に愛情を感じていたのかっていう、その切り分けが出てくる気がしていて。例えばある日キズナアイの声がまったく変わったりするんですよ。ドラえもんみたいにね。その時に何事もなく、別にいいんじゃねキズナアイだしって言えるのか、いやいやいやあの声が好きだったんだよってなるのかっていう、人が執着を感じるポイントがどこなのかっていうのが見えてくるんじゃないかなーと思ってます。
タグ