論破王ひろゆきの名言Q&A

ひろゆきは憂鬱という感情はある?落ち込んだりする?嫌なことの乗り越え方
ひろゆきアンサー
これを言うと躁鬱病の躁病のような取られ方をするかもしれないですけど、嫌なことがあった時にその嫌なことに対して考える時間を使う方が余計に・・・例えば足踏まれる、それは嫌なこと、で足踏まれたという嫌なことという事実はもう確定してるんですよ。で足踏まれたやだなーとか文句言ってやればよかったとかあいつ追っかけて蹴ってやろうかとか考えて時間を使うっていうのは、嫌なことに付随してもっと僕の時間と感情を使っているのでそれって嫌なことが悪化してるんですよね。 なので嫌なことがあったということに対して感情なり時間を使うことの方が損だと思っているのでなかった事にしちゃいます僕。正確に言うとそのことについて考えないっていうのをパってやるんですけど、なのであんまり憂鬱だったり落ち込んだりしないんですよ。 これって時間軸の問題で、それに1週間かかる人もいれば1か月かかる人もいると思うんですよ。嫌なことがあったら3日かかる人もいるしそれ僕他の人より早いんですよ。テクニックなのかなぁ。結局人はいつかは乗り越えるんですよ。それが一年なのか半年なのか3ヶ月なのか1ヶ月なのか人によるんだけど、で乗り越える時にどうやって乗り越えるかっていうので、飽きるっていう乗り越え方を僕はするんですけど、要は足踏まれたムカつく足踏まれたムカつくっていうのをずっとそのことばかり考えているとどうでもよくあるんですよ、たぶん30秒ぐらいで。足踏まれたムカつくってずっと思ってると。多分記憶力のいい人って1ヶ月覚えてるって言っても3日に1回思い出してるとかなんですけどそのサイクルを僕めちゃくちゃ速くするんですよ。要は3日に1回思い出す人って1ヶ月ってことは10回思い出す、なので10回思い出すサイクルをめちゃくちゃ速くするとすぐ終わるっていうそういう感じでやってるんじゃないかと思います。もう無意識でやってるから自分がなんてやってんだかねよくわかんないんだよね。 あとちょっと面倒くさいというか理解しづらい話ですけど、ゾーンとかフローっていう考え方があって、集中して物事をやる事ってあるじゃないですか、モンハンとかでもいいしスポーツでもいいし走るでもいいし映画を見るでもアニメを見るでもいいしエッチな事するでもいいんですけど、人ってそれ以外のことが全く考えられないような集中する状態っていうのになると、他のことって結構どうでもよくなるんですよ。その時間が多ければ多いほどいろんなどうでもいいことのどうでもいいレベル気になるっていうのがどんどん下がってくんですよ。なので僕は割と集中する趣味とか好きなことって結構多いんで、それやってると気になっちゃうことのレベルがどんどん下がってくんですよ。なのでなんか気になるけどこれ忘れたいなぁとか気にしたくないなっていうのがあると自分が集中できる好きなことをやると、それの重要度がどんどん下がってくるので気になんなくなるっていうのもたぶんある気がします、これ今自分を客観的に考えて感じました。
タグ