論破王ひろゆきの名言Q&A

ベーシックインカムの税収減少の可能性をどう考えますか?
ひろゆきアンサー
えっとまずベーシックインカムがあろうがなかろうが税収はずっと減っていきます。で税金っていうのは基本的に今まで日本の場合って中間層って言われるそれなりに収入がありますよっていう層の納入する税金が多かったんだけど最近は超絶金持ちと超絶金持ちの二手に分かれてるわけですよ。でお金持ちの人って人数少ないし課税しようとしてもこの人たち外国に行っちゃったり資産をうまく逃しちゃったりするんですよ。なので金持ちに税金をかけるってのは結構難易度が高い。で下の貧乏な人達っていうのはもともと貧乏だからそんなに税金とれませんと。なのでそもそも個人に対して税金を取るっていうシステム自体があまりうまく回っていないっていうところにまず気づいてください。でじゃあ逆に法人税っていうのは結構税収が入るわけです、でそれって企業の利益が高くなればなるほど税収として半分もらえるって結構美味しい仕組みなんですよ、法人税って。で法人って日本国内で企業運営している限りは必ず税金納めなきゃいけないので取りっぱぐれもあんまりないと。そうすると法人が儲かるような形にして法人税で取った方が実質的には割と税収が増えるんじゃないのっていうところで、で今の企業って利益が出づらい仕組みとして役に立たない人のクビが切れないという問題があるんですよ。クビを切ることができないから高齢者の社員がすげー給料をもらっているんだけどまあしょうがないよねって言ってその会社自体回らなくなって潰れていくっていうのがNECとか東芝とかがやってるんだけど。そこでいらない人ちゃんと切っちゃえば、だから東芝とかってSDカードとかメモリー部門ってめちゃめちゃ利益上げてるんだよ。でもそうじゃない部門っていうのを切り捨てられないせいで結局東芝全体が悪くなっちゃってるんだけど、ダメな部分をガンガン切るっていうのができればいい部門が利益を上げる会社として残って、いい部門が利益あげてるからそこで税金が取れるよねっていうので、結果として税収は増えるんじゃないのっていう。でベーシックインカムがあるから解雇しても暮らせるでしょっていうので解雇規制自体も外せるからベーシックインカムが入った方が税収が増えるんじゃないのという論理で考えています。
タグ