論破王ひろゆきの名言Q&A

最近LINEの個人情報について問題が浮上していますが、中国政府に情報が流れてる可能性は1から100でどのくらいあるでしょうか。またチャット系ツールでは圧倒的なシェアを誇っており、性質上からもユーザー多い方が勝ちな市場にも関わらずこういった問題でシェアを失う可能性はあり得るでしょうか。これ春休みの課題の参考にします。
ひろゆきアンサー
シェアを失う可能性があるかどうかは大体ツールがどれぐらいのシェアを持っているかですね。Viberを使ってますとかWhat's upとかfacebookメッセンジャーを使ってますって人がどれくらいいるかなんですけど、LINE止めて全部facebookメッセンジャーに変えますっていう人って今そんなに多くないと思うんすよね。なのであ~あと思いながらももう変えられないっていう状況なんじゃないかなと思うんすよね。で中国政府に情報が流れている可能性で行くと可能性は100%だと思います。だって可能なんだもん。中国の場合って中国の企業が持っている情報というのは中国の政府がみようと思えば必ず見れます。でそれはアメリカも一緒なんですけど、アメリカの場合のパトリオットアクト、愛国者法っていうのがブッシュ大統領が911テロの時にできた法律なんですけどアメリカ政府が必要だという情報はアメリカの企業に対して命令して取ることができますというパターンと、命令しなくても持ってけるんすよね。スノーデンさんが情報をもともと持ってたエシュロンみたいのがあってインターネット上に流れている情報というのはすべてアメリカの軍部っていうのがデータとして記録していて、でそれを検索するっていうのができるみたいなんがあるので、アメリカでも中国でもそこにサーバを置いているとみられるよねっていうのがあって。韓国も結局令状なくても見られるらしいんですよね。なのでそもそもそういうもんだよねっていう気がしますけどね。
タグ